放し飼いのデメリット

最終更新日

Comments: 0

ずーーっと一緒に近くにいれるという大きなメリットがもちろんありますが

やっぱり大変なことも多いです!

●部屋中全部が砂とうんちとおしっこ。特に砂なんかどんだけ掃除しよーとも隅っこまで取れるわけないしどーせ明日にはまた砂まみれなのでどうでもよくなる。全てのものがジャリジャリする。

でも、棚の上などの掃除をサボっててホコリかぶってるのを人に指摘されても「それホコリじゃなくて砂なのよ〜も〜チンチラって大変!」と誤魔化すことが出来る。ような気がする。

●夜が元気なので寝室も開放した場合安眠とは程遠い。起こされたり顔面踏まれたり。

●髪の毛食われるので夜は気軽にうたた寝も出来ない。

●紙食べよーとするので夜はのんびり漫画が読めない。

●舐めたら困るので飲み終わった酒の缶をわざわざ毎回1本ずつ片付けなければいけない。食器もすぐに片付けないといけない。あと服もかじられるので脱ぎっぱなしに出来ない。⬅︎ある意味部屋が片付くというメリット。

●賃貸の場合、最初によっぽど完璧に壁や柱のガードをしない限り高額の退去費用を覚悟しないといけない。

●コンセントやコードのガードが大変。

やっぱり1番大変なのはコードと壁のガードかな。。部屋中全部ガードいるし。。

コードかじって感電したり、壁紙とか食べまくって詰まっちゃったりしたら命に関わる問題なのでガチで完璧にガードしないといけません。

コードはくるくる巻くやつを巻いて絶対手の届かない上のほーにやったり

巻いた上で電源タップを使って使わない時は毎回電源切ってさらに柵で囲むという厳重警戒モードにしてるせいで

ドライヤーとか充電器とか使う時すげーめんどくさいです٩( ‘ω’ )و

しかも多分「よし!!!!これでもう完璧!!!どこもかじられない!!」となるまですげー時間がかかります。

思った以上のパワー、ジャンプ力、噛む力、知能、諦めの悪さを見せてくるうえに

今まで何ヶ月も

「そんなとこ興味ないよ♪かじらないよ♪」とか「わーそのガードされたとこ、かじれないなぁ〜参った参った」と見せかけてきたところを

いきなりかじりだしたりするからです。

寝てたらなーーんか聞き覚えのない音で目が覚めて、「はぁ〜〜〜〜〜?なんでそんなとこかじってんの〜〜〜??」となって

真夜中に「眠いよう」と言いながらガードの強化をするハメになったりします。

もうキリがなくてちょっと嫌になったこともありました٩( ‘ω’ )و

まぁそれでも今となっては完全ガード出来て落ち着いて、ピョンピョコ好き勝手部屋中走り回ってる姿を見たら苦労も報われるとゆーものです(*´꒳`*)

🐭

🐭

🐭

にほんブログ村 小動物ブログへ
クリックで投票お願いします( ^ω^ )

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)